西美里愛との思い出、タイルによってどの様に お客様の暮らしが変わったのかなど生の声をお届けします!


Part1*大井さん編 >

 Part2*Fumiさん編

 
 

東京都

大井

2007年、ある雑誌で私の活動を取り上げて頂いた事がきっかけで

お付き合いが始まった大井さん。

その後、沢山の作品を大井さんとご家族にお届けしてきました。

→Momiコメント

→大井さんコメント

何気なく見た雑誌の表紙で、初めてMomiさんを知りました。そこに写っていたスペインタイルは
とても小さな画像でしたが、鮮明に目に飛び込んできました。一目惚れ状態で西美里愛のサイトを
訪れMomiさんにメールをしました。直近で開催された展示会に足を運んだ時、期待が確信に変わっ
て...これしかない!と思いその場で新築の表札をオーダーさせてもらいました。
どの作品からも、明るく眩しく、それでいて優しく懐かしいような強い光みたいなものを感じました。
当時、新居の建築の打ち合わせ中でしたが色々と悩みや揉め事もあり少し行き詰まっている時でした。
でも西美里愛のタイルに出会った事で何だか急に新居へのビジョンみたいなものが見えてきた感じで
した。”この大きなタイルの表札を外壁に!”そして、”30㎝サイズのタイルを額に入れて玄関に!”
と、具体的なイメージが見えてきた事でがぜん家づくりが楽しくって、明るいものになっていったの
です。だって、あんなに明るくて、可愛くて、オンリーワンで、しかも威張らず感じの良い表札を作
ってもらえたら絶対にワクワクしますよね!
我が家を訪れる皆さんが、褒めてくださる自慢の表札です。

私もとても楽しくお仕事をさせて頂きました!
大井さんのご家族の新しい生活に込められた夢と希望が、タイルのデザインに込められた
素敵な表札でしたよね。私がオーダーを受けて作らせて頂いた表札の中でも,特にインパクト
があり私も大好きな作品です。

ご自宅のエクステリアやエントランスだけで
なく、リビングにも幾つか作品を飾って頂い
ていますよね。大井さんご家族の日常の生活
空間に、私の作品を取り入れて頂いている事
をとってもとっても嬉しく思います!

*玄関ホールに置かれた30㎝タイル*

リビングには壁掛けタイルが数点、ダイニングにはタイルのコースター達が食卓を彩り、
各部屋のドアにも小さなタイルの飾りがいくつか...
我が家では、毎日タイルに囲まれた生活がすっかり当たり前のようになっています。
やっぱり西美里愛のタイルは、目にする度にホッコリしたりニッコリしたり明るい気持ち
にしてくれるので、もはや私達の生活にはなくてはならないモノなのかなぁ!と思ったりします。
好きなものや素敵なものが暮らしの中にあると、生活が豊かになりますよね!

*3匹のペンギン家族が、いつも、
 大井さんファミリーを見守っています。

額に入れて飾れば、絵画感覚で家中どこにでも合わせられますよね!
インテリアに合わせて、タイルのデザインや色をアレンジすれば、
ぴったりのアイテムが見つかります!
大井さんは、このタイルを”ライオンタイル”!と呼んでいるそう。
なぜライオンなのかは…秘密です。

表札もそうですが、タイルのデザインの一部に記念の文字や
秘密の楽しい仕掛けを施したこともありましたよね!
お嬢さまへのプレゼントでした。

*こちらが、そのクラゲタイルです。
 ポリフ、エフィラが…アクアブルーのタイルの海に潜んでいます。
 お嬢さまの大好きなクラゲのマスコットと共に、可愛く飾って下
 さっているそうです!

「クラゲタイル」‼︎もうこれは、本当に大好きなタイルです。
毎日眺めています。娘の10歳の記念にオーダーさせていただいた作品です。
クラゲが大好きで、いつかクラゲの研究者になりたいと言う夢をもつ娘の為
に、Momiさんにお願いしたものなんです。たった1枚の15cmのタイルの中
に、クラゲの生活やクラゲの一生がモチーフとなって盛り込まれています。
ポリフ、エフィラ…波に漂うクラゲたち!モチーフだからこそ成立している
ストーリー性に感動させられる作品です。クラゲの事を猛勉強して下さった
Momiさんには、頭が下がります。
いつか娘が大人になってクラゲから気持ちが離れてしまっても、このタイル
を見る度にクラゲが大好きだった楽しい子供時代の事を思い出すと思います。

西美里愛の作品では、スペインタイル独特の色合いや土の温かみを壊さず、そのままの良さ
を残すことを大切にしています。
プクプクとした特徴的な柔らかい感触が、中でも一番の魅力ではないかと思うのですが…。
大井さんにとって、スペインタイルのどんなところが一番のお気に入りですか?

そうですね。何と言っても、クエルダ・セカのあのぽこぽことした感じが私は大好きです。
色んなモチーフがきっちりと縁取られて並んでいる姿は、とても美しくまたどこかユーモラ
スで眺める度にふっと、気持ちがほころぶんですよね。それと、凸凹があるゆえの陰影!こ
れがすごく面白いんです。朝の光と夕方の光が当たっているとでも、それぞれ表情が異なり
ますし、色んな角度から見るのもまた楽しいのです。
Momiさんがオールスペインにこだわっている点も、とても好きです。タイルの釉薬は色が決
まっているので、正にこの色がスペイン‼︎な訳で。そこにMomiさんの日本人らしいセンスが
合わさったモノが、西美里愛のタイルだな、と感じます。

*ご自宅のリビング、光の当たる最高の場所。
 朝日と夕日が室内へ差し込み、タイルを照らして
 2つの違った表情を作り出してくれるんですね!

西洋の独特なタイルは、日本の焼き物とはまた違う良さを感じていただけるのではないかと
思うのですが。
大井さんはスペインタイルを日本のご自宅のインテリアのアイテムとして、どの様に取り入
れて下さっていますか?

スペインタイルはヨーロッパとイスラム文化の融合だと聞いています。その、どこか不思議な
独特の雰囲気からは異国の香りがしますし、私はそこからいつもスペインに降り注ぐ太陽を連
想しています。スペインには行った事がないのですが、そんな想像力を掻き立てられるってす
ごい事ですよね!だから西美里愛のタイルは、私の目線のすぐ先に飾っています。ふと顔を上
げた時に見える事のできる、いつもいる場の壁に…
色のコントラストを楽しむデザインのものは、少し離れた高い位置に配しています。白い壁に
タイルがとても良く映えるのです。それから、何枚かあるコースターはゆっくりとお茶を飲む
時の気分に合わせて選んでいます!
日本ではタイルというと浴室の様なイメージですが、アートとして室内で楽しむ以外にも、外
構などではもっともっと楽しめると思っています。私の家では玄関先のポーチに上がる1段の
みの蹴り込みの部分に、連なった柄のタイルを配しています。

*玄関ポーチに施工したタイルたち

新居建設の際に、タイル工の方にお願いをしたら快く施工してくださいました。外出
先から戻った時にまず目に入ってくるタイルなので、それを見ると何だかホッとした
気持ちになるんです。タイルを施工してみると、それだけで玄関ポーチがとても個性
的になるのでオススメです!他には、庭の敷石の間に配したり壁に貼り付けて飾った
りするのも素敵だと思います。家族の好きなものや、メモリアル的な事柄をタイルに
して新築改築の記念にするのも良いですよね。

 これまで大井さんとは、沢山の夢や思いの詰まったタイルを制作するお仕事をさせて
 頂きました。これまで西美里愛のタイルに纏わるエピソードや思い出などがありまし
 たら、ぜひ聞かせていただけますか?

*お兄様にプレゼントされたタイル

Momiさん作の表札は、とても目を引くらしく知らない方から表札について尋ねられた事が
何度もあります。我が家の室内の壁掛けを気に入って、恋人の誕生日祝いのタイルをMomi
さんにオーダーした人もいました。
恋人の好きなものを沢山タイルに描いてもらって
いましたね。その後、このお二人はご結婚されました!それから、私自信も友人へのプレゼ
ントや新築祝いにはいつも西美里愛のタイルを贈っています。最近では、兄の結婚祝いに明
るいグリーン系のタイルを頂きました。兄と義姉には、本当に喜んでもらいましたよ。
Momiさんとは、もう長いお付き合いです。ご結婚、ご出産、子育てを経てまた精力的に作品
づくりに取り組まれるというのは本当に嬉しい事です。元々、Momiさんがもっておられた優
しさ、可憐さ、飄々とした雰囲気が西美里愛タイルの魅力でした。そこにまた様々な経験を
経て新しい加わるものがあると思うと、本当に楽しみですね。これからも長く作品を拝見さ
せて頂きたいですし、私の人生の節目には、きっとまたMomiさんのタイルが彩ってくれる事
だろうと思っています。クエルダ・セカの模様の溝には、これからも少しづつ我が家の思い出
が刻まれていくのかもしれません。

最後に、このHPを通じて初めて西美里愛のタイルに出会い興味を持って頂いた方に
アドバイスをお願いできますか?

タイルというと、少し硬くて冷たいイメージがあるかもしれません。でもスペインタイルは
全く違います!暖かい雰囲気はプライベートな空間にもピッタリとハマりますし、デザイン
次第で色々な表現ができるのです。ちょこっと部屋に飾ったり新築や改築でドン!と配する
のも、またDIYなどで可愛く仕上げたり、どんな形であってもそれぞれとても素敵だと思い
ます。まずは西美里愛のタイルを手に取って、とにかく見て欲しいです。

大井さん、西美里愛への素敵なメッセージをありがとうございました!
これからも更に技術を磨いて笑顔が生まれる幸せタイルを沢山作ってい
きたいと思います。ずっとずっと、変わらぬお付き合いをよろしくお願
いいたします。

このページのトップへ

Part2 Fumiさんインタビューへ