スペインに広まったタイルと歴史のお話   前編

 スペインでは、室内の装飾や家具などに埋め
 込まれたタイルの事をAzulejo(アスレホ)
 と呼びます。
 これは、かつてギリシャ人やアラブ人たちが
 好んで用いていた青い石(Lapiz Lazuli)
 が語源だとされています。
 タイルの素材は土や石を粉砕した粘土を成形
 して高温で焼き固め、釉薬(焼き物の絵付け
 用の薬)を掛けて更に高温で焼成しています。
 タイルに掛けられた釉薬は、高温で焼かれる
 事によりガラス質の皮膜となってタイルの表
 面を覆っています。

  そのため、傷つきにくく、また熱や水に強い
  素材になります。タイルは古くから、人々と
  共に生き実用性と耐久性を兼ね備えた長い歴
  史をもつ焼き物で、また生活必需品でもあり
  ました。紀元前350年頃エジプトやペルシャ、
  中国では既に現在の釉薬を用いたタイルに近
  いものが作られていたと言われています。
  スペインやポルトガルのあるイベリア半島は、
  イスラム帝国が勢力を増した8世紀頃には
  既にイスラム教の支配下にありました。

  そのため、タイル制作に伴う技術も早い段階
  でスペイン国内へ広まっていきました。
  新たに持ち込まれたイスラム教文化と、元々
  のキリスト教文化や建築様式が同じ場所で
  長い間共存していた、という歴史的背景が
  スペインで今も残されている建築物の外観
  の興味を唆る理由なのかもしれません。
  こうしてイスラム文化がイベリア半島に上陸
  したことで、タイルも急速に広まりを見せて
  いくのです。

 タイルの中でも特徴的な幾何学模様のデザ
 インは、正にこの時代に伝来したものです。
 今日ではスペインの南部を中心とした各地
 でその多くを目にすることができます。
 スペインに残るイスラム建築の建物で一番
 有名なのが、アンダルシア地方のグラナダ
 にある世界遺産アルハンブラ宮殿です。
 この宮殿は、スペインにイスラム文化が持
 ち込まれた歴史を証明する代表的な建造物
 として知られています。アルハンブラ宮殿
 内のインテリアには、多くのタイルが色と
 りどりに装飾され人々を魅了させます。

 15世紀末にキリスト教が勢力を巻き返し、
 イスラム教の勢力がイベリア半島から追わ
 れるまで、スペインの多くの建物にタイル
 の装飾は不可欠な存在でした。
 レコンキスタが完了して再びキリスト教が
 勢力を巻き返した事で、様々なものが改宗さ
 れていきました。それでも以前に建てられた
 イスラムデザインの建造物の多くは壊される
 ことなくそのままに残されたのです。その為、
 今もスペインの多くの場所で当時の面影を残
 す歴史的な装飾デザインをもつ建造物を見る
 ことができるのです。

  スペインにもたらされたタイルは、その後ヨーロッパ全土へと広がっていきます。お隣の国、ポルトガルでもタイルは
アスレージョと呼ばれ歴史ある多くのタイルが現在でも残されています。もっと詳しいタイルのお話は…後半へ続く

このページのトップへ

後編へ